たいら

ひな人形 お内裏様の並べ方 右?左?どっち?

お内裏様の並べ方 右?左?どっち?
何で「向かって右側に男雛、左側に女雛」のものと「向かって右側に女雛、左側に男雛」のものとあるのですか?
カタログやお店で販売されるお雛様の多くは「向かって右側に女雛、左側に男雛」が並んでいますがどちらが正しいですか?
というご質問をよく頂きます。

日本には古くから「左方上位(左側の方が位が高い)」という考え方があります。
ひな人形は、平安時代の姿をしていますので、当時のマナーに従って「向かって右側に男雛」を飾ります。
右大臣、左大臣も左大臣の方が格上になります。

では、なぜお人形屋さんからもらうカタログなどの写真は「向かって左側に男雛」が飾ってあるのでしょう?
これは明治時代に入ってから西洋の文化やルール、マナーがさまざまな場面に取り入れられてきたからだと言われています。
例えば、旧暦の暦でなく新暦や西暦を使うようになりました。着る物も和装から洋装へと変化していきました。
「左方上位」のしきたりも西洋のマナーに準じて「右方上位」が取り入れらるようになりました。
現在の皇室では、天皇は必ず「向かって左側」に立たれます。座られる場合も「向かって左側」です。

平安時代から続くお雛様の姿を当時のマナーに従って「左方上位」で飾る飾り方と
国際的な西洋のマナーに準じた考え方に基づいた「右方上位」の飾り方と言うことになります。

どちらが正しくてどちらが間違いということではありませし。
「必ずこうしなければならない」という決まりがあるわけではありません。
ぜひ、お子様やご家族の皆さまとこのようなお話しをしながら
今年はどちらの飾り方で飾るか相談して桃の節句を楽しんでいただければと思います。

**************************************************************
ひな人形・五月人形のことなら
人形のたいら
ホームページ:https://taira.co.jp/
営業時間:9:00~18:00(定休日:元旦のみ)
TEL:0858-22-2391
〒682-0862
鳥取県倉吉市西町2708

友だち追加

人形のたいらLINEお友だち追加ボタン

お手持ちのスマホ・携帯で下記QRコードを読み取って頂いても、
お友だち登録が可能です。

シェア

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email