たいら

地元の風景が盆提灯になりました!

お盆は家族が集まってご先祖様を供養する大切な行事
田舎の鳥取では県外からたくさんの方がお墓参りに帰郷されます
家族や親戚、友人との久々の再会を楽しみに
お盆が来るのを待ち遠しくしておられる方もあるでしょう

そんなお盆には盆提灯を飾って
ご先祖様をお迎えするという習わしがあり
あの世から帰ってこられる道を照らす「あかり」として用意します。
今年はそのあかりにふる里の風景を描き入れました!

アトリエやまとの山根大和氏と昨年の夏より構想を練り
同アトリエの水彩教室の講師である林本豊氏の水彩画を採用
この度、念願の盆提灯が完成しました!
写真は、白壁土蔵群赤瓦と上小鴨地区の旧国鉄沿いの桜並木を描いた作品
その他にも好きな景色を選べるようになっています。

人によって思い出の景色や風景がある

お盆には、亡くなられた方との思い出の風景とともに、
参られた方と思い出話に花を咲かせていただきたいとおもいます。

そしてそこでまた鳥取のお盆の思い出をたくさん作られることで
郷土愛が育まれればと願います。



水彩画家 林本豊 氏
2011年 お土産用牛骨ラーメンパッケージアート起用
2016年 倉吉白壁土蔵群カレンダー・はがきセット全作品担当
2017年 くらよし名所カレンダー作成
2018・19年 倉吉名所カレンダー作成
       第32回上野の森美術館日本の自然を描く展入選
       第76回一枚の絵コンクール佳作
       鳥取県展入選
2020年 とっとり素ラーメンパッケージアート制作
その他、風景から人物まで幅広く依頼絵画を多数制作
現在、アトリエやまと水彩教室講師
高城公民館水彩教室講師

今後は、三徳山の投入堂や東郷湖など三朝町、湯梨浜町、北栄町、琴浦町の風景や、砂丘や大山など鳥取県内の風景も検討中です!
あなたの好きな風景はどこですか?

シェア

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email