1. HOME
  2. 羽子板・破魔弓のこと

羽子板・破魔弓

新しく生まれたお子様が初めて迎えるお正月を初正月といいます。
その初正月の女の子の為に飾るのが羽子板、男の子の為に飾るのが破魔弓です。

羽子板は、上に向かって末広がりの板に押絵で表現されています、幸せが末広がりに広がりますようにと願う縁起のいい飾りです。
また、邪気をはね(羽根)のけるお守りとして飾れます。羽根に付いている黒い玉は、ムクロジ(無患子)という大木の種で「子がわずらわ無い」と書くので、無病息災を願うものとしても知られています。

破魔弓は、魔を破って幸運を射止めると言う意味で魔除け、つまり厄払いのお守りです。
平安時代中頃、朝廷では皇子が誕生した時に魔除けとして、弓矢を用いて鳴弦の儀式を行っていました。
現在のような形になったのは鎌倉時代からだといわれています。
江戸時代には、武家や町人の間に、男子の初正月の祝に破魔弓をかざる習慣が生まれ、それが全国に広まりました。
現在、正月に破魔弓を飾るのは、こうした伝統にもとづくものです。