1. HOME
  2. お知らせ
  3. NEW OPEN けずりひ たいら少納言.G

NEW OPEN けずりひ たいら少納言.G

けずりひ たいら少納言.G(かき氷専門店) 

平安の世から令和への贈り物 

 清少納言の「枕草子」に登場する「けずりひ(かき氷)」、平安貴族の高級スイーツだったかき氷を人形ギャラリーで楽しんでもらおうと、10年前から研究を重ね、“理想の一杯”を完成させたのは、埼玉県岩槻(人形の町)にある磊落人形美術館の館長。今回のけずり氷、自家製シロップ、ソース類の発案者でもあり人形プロデューサーとして活躍。同館長の扱うお人形の全国でも数少ない特約店として認定を受けたのをきっかけに3年程前から人形や鎧について、職人さんのこだわりや技術、素材の違いを徹底的に一から学び直し、並行してかき氷についての研修も受けました。そして、昨年の夏からかき氷の店の開店に向け準備を進めて参りました。コロナの影響もあり計画通りに進まない事もございましたが、たくさんの方のご協力のおかげで令和2年8月30日に無事、「けずりひたいら少納言.G」を開店する事ができました。 
 
 なぜ人形のたいらが「かき氷」と思った方も多いと思います。気軽に入りにくい人形店に夏の風物詩である美味しい「けずりひ」を提供する事で、一人でも多くの方に足を運んで頂き閑散期の夏場においても人形店の存在を知ってもらいお店に親しんで頂きたい。また共通点として、人形とかき氷の時代背景はもちろんお人形のモノづくりの基本となるこだわりの部分にも共通点があり、ストーリーとしてもおもしろいと考えました。
 
人形専門店として大切にしているのは人形そのものの魅力を感じられること。シンプルで控えめな人形は、手元に置いてじわじわと愛着が湧いてくる。かき氷も同様に氷とシロップ(自家製)にこだわったシンプルなかき氷。氷は、無菌室で48時間以上かけて凍らせる純氷。口に入れた瞬間にとける氷の感触とひろがる香り、純氷と自家製シロップの絶妙な味わいを楽しんで頂ければと思います。 

 店構えは、伝建群の景観に合うよう格子の建具を使って外観をリフォームしました。今後、赤瓦西方面の賑わい創出、また県立美術館から赤瓦、豊田家住宅、淀屋、円形劇場から河原町方面への観光ルートの休憩スポットとして町のお役に立てればとも考えております。 

 
<メニュー> 
「ミルク」「いちごミルク」「抹茶ミルク」「白みつミルク」の4種類 
並サイズ¥900 小サイズ¥700 

<営業について>
――◆――◇――◆――◇――◆――◇――
10月~4月
営業時間 11:00~17:00
営業日  土・日・祝日
定休日  月・火・水・木・金

かき氷がお休みの日は、
講座やワークショップを開催いたします。
「節句子育て教室」
「ひな人形の選び方・楽しみ方」
「お雛様の飾り方リメイク術!」など
――◆――◇――◆――◇――◆――◇――
5月~9月
営業時間 11:00~17:00
営業日  月・火・金・土・日・祝日
定休日  水・木
――◆――◇――◆――◇――◆――◇――

けずりひ たいら少納言.G
鳥取県倉吉市西町2715
0858-22-2391(有限会社たいら内)

新着お知らせ

お知らせ一覧に戻る