たいら

店主日記

ひな人形

手描彩色アーティスト 竹垣 諒

竹垣 諒 Ryo Takegaki 竹垣諒は幼いころに雛人形の世界に興味を持ち、創作人形や子供向け雛人形などを自ら手掛け、東京造形大学在学時はあらゆるジャンルの絵画や日本画など多くの技術や知識などを得てきました。今では磊楽人形工房のもと雛人形や五月人形に直接手描きで絵を彩色するブランドを創設。お子様が幼い頃よりお節句を通じて知識や教養、礼儀作法を身につけてもらえるようにと数々のテーマで手描彩色を展開中。磊楽衣裳着人形・石川潤平・力石甲人・鶴屋半兵衛への手描彩色を手掛け、また完全オリジナル「ふるさと彩色」は全国9カ所にて好評いただいています。 平成3年  静岡県に生まれる。平成23年 東京造形大学に入学。平成26年 キッズサイズデザインゼミナールに所属し、グラフィックデザインを学ぶ。平成27年 同大学を卒業後、磊楽人形工房に所属。石黒甲世氏に師事し雛人形の基礎、および「ふるさと雛」の心得を学ぶ。石川潤平氏監修のもとに総手描彩色雛を発表。G7伊勢志摩サミットを記念して三重県ふるさと雛、英虞湾景観屏風を発表。平成28年 北海道ふるさと彩色雛、知床景観屏風を発表。 ↓お問い合わせはこちらから↓ ————————————————————————————————– ひな人形・五月人形・鯉のぼりのことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(元旦のみ休業) TEL:0858-22-2391〒682-0862 鳥取県倉吉市西町2708

もっと読む
ひな人形

創作人形作家 石川やすひろ

石川やすひろ Yasuhiro Ishikawa 石川やすひろは16歳より家業に専念し、これからの節句文化と伝統工芸の継承を担う人形作家若手実力派のひとりです。祖父の初代潤平と父の三代目潤平より多くの技術と知識を吸収し、木目込人形だけに限らずより多くのことに挑戦し続けています。そのひとつ、オリジナルブランド『舞シリーズ』は“節句の楽しみ”とを融合させた新時代への節句人形ブランドとして展開しています。 昭和62年 埼玉県に生まれる。平成15年 初代石川潤平に師事。平成16年 彫刻家 島田忠恵氏にデッサンや造形を学ぶ。人形プロデューサー 石黒甲世氏に師事し、衣裳着人形を学ぶ。平成17年 雛人形衣裳着 書目頭を発表。人形彫刻作家「磊(RAI)」に師事。平成18年 磊楽人形彫刻美術館展にて入選(頭部門)。平成19年 磊楽テラコッタ展覧会にて入選する。木目込人形「三番叟」「猩々」発表。天神頭製作に携わる。平成23年 オリジナルブランド「泰(YASU)」を発表。平成23年 雛人形衣裳着(全体造形・頭)をプロデュース。平成27年 木目込人形「舞シリーズ」を発表。 ↓お問い合わせはこちらから↓ ————————————————————————————————– ひな人形・五月人形・鯉のぼりのことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(元旦のみ休業) TEL:0858-22-2391〒682-0862 鳥取県倉吉市西町2708

もっと読む
ひな人形

創作人形作家 石川佳正

石川佳正 Yoshimasa Ishikawa 石川佳正は初代石川潤平のもと若い頃より人形製作に携わり、筆遣いや創作人形の基礎など多くを学び、長いキャリアをもっています。その頃より人形作家としてあらゆる芸術の分野(彫刻、絵画、日本画など)を習得し、自身の感性を活かした創作人形を手掛けるよしまさ工房にて活躍。類まれで独創的な人形は多くの人を魅了し、数多くの功績を残しています。 昭和30年 埼玉県に生まれる。昭和62年 埼玉美術家協会正会員となる。平成2年 通商産業大臣表彰(全国第一位賞)平成10年 ドイツヘッセン州立人形博物館へ木目込人形「牛若丸」を寄贈。平成16年 経済産業大臣指定 江戸木目込人形 伝統工芸士(総合部門)となる。平成18年 人形彫刻作家「磊(RAI)」として新作発表。平成22年 御所おさな「竹千代」発表。 ↓お問い合わせはこちらから↓ ————————————————————————————————– ひな人形・五月人形・鯉のぼりのことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(元旦のみ休業) TEL:0858-22-2391〒682-0862 鳥取県倉吉市西町2708

もっと読む
ひな人形

埼玉県指定無形文化財 初代 石川潤平 / 無形文化財技術継承 二代目 石川潤平

二代目 石川潤平 Junpei Ishikawa 2nd 二代目石川潤平は父の潤平の長男として生まれ、19歳から潤平に師事し、多くの事を学んできました。また初代潤平の次男・石川佳正と切磋琢磨して昭和から平成と駆け抜けてきた日本を代表する人形作家のひとりです。国内では日光の世界遺産劇場にて出店及び実演を行い、また海外ではドイツの人形博物館に作品を寄贈したりと節句文化の啓蒙活動と技の継承に努めています。 昭和26年 埼玉県に生まれる。昭和45年 父初代潤平に師事。平成11年 二代目潤平を襲名。平成11年 ドイツヘッセン州立人形博物館へ木目込人形「東風」を寄贈。平成12年 埼玉県立民族文化センターに木目込人形制作工程を寄贈。平成13年 明治神宮へ木目込人形「官公」を奉納。平成14年 おぼこ大将「枠目彩色」発表。平成16年 経済産業大臣指定 江戸木目込人形 伝統工芸士となる。平成22年 日光世界遺産劇場にて伝統工芸品展に出展、実演をする。 ————————————————————————————————– 初代 石川潤平 Junpei Ishikawa 初代石川潤平は長きにわたり多くの功績と作品を節句業界に残した木目込人形の第一人者です。作品の中には小和田雅子様(令和の皇后)がご婚約の際の贈答品を埼玉県を代表して贈られました。またアメリカ大統領などにも寄贈しています。独特な造形と石川潤平ならではの筆仕事は多くの人に愛され、今なお世代を超えて受け継がれています。 大正9年  福島県に生まれる。昭和54年 伝統工芸士の称号を認定。昭和62年 伝統工芸品産業功労者表彰。平成元年   総理府付黄綬褒章受章。平成2年  平成天皇即位に際し「三番叟」献上。平成5年  小和田雅子様ご婚約に際し「立雛」献上。平成5年  皇太子殿下ご成婚に際し「三番叟」献上。平成7年  勲六等瑞宝章受章。平成16年 埼玉県指定無形文化財認定。 ↓お問い合わせはこちらから↓ ————————————————————————————————– ひな人形・五月人形・鯉のぼりのことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(元旦のみ休業) TEL:0858-22-2391〒682-0862 鳥取県倉吉市西町2708

もっと読む
ひな人形

郷土愛を育む 鳥取県ふるさと雛

12月8日(日)地元紙(日本海新聞)に記事が掲載されました! 総手描彩色ふるさと雛 鳥取 「人形のたいら」は山陰で唯一の指定特約店として認定して頂きました。 職人さんと何度も打合せを重ねてやっと完成しました。 こちらの工房は、石川潤平、石川佳正、鶴屋半兵衛、力石甲人など 一流の技術を持った職人さんの工房です その工房にお人形の着物に手描きで彩色できる日本で唯一の職人さんがおられます。 今回はその職人さんにお願いしてこの度お披露目させて頂く事ができました。 とても綺麗なお人形になりました!! ぜひ一人でも多くの方にお気軽にお店に見学に来ていただければと思います。 雛人形には、古くから日本人が大切にしてきた「いい子が育つ」情操教育の要素があります。 お節句を祝い楽しむというのはもちろん、飾る事で子供達にどのような影響があるのかたくさんの方に知って頂きたいと思います。 一人でも多くの方に伝えられるようこれからも精進致します。 —————————————————-↓お問い合わせはこちらから↓ ひな人形・五月人形・鯉のぼりのことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(元旦のみ休業) TEL:0858-22-2391〒682-0862 鳥取県倉吉市西町2708

もっと読む
その他

倉吉市プレミアム付商品券 取扱店

倉吉市プレミアム付商品券事業が本日からスタートしました!今年は、お雛様もいつもより早く準備してお待ち致しております。新作も続々と入荷し始めました!!ぜひこの機会に倉吉市プレミアム付商品券を使ってお得にお買い物して下さい。ひな人形・五月人形・よろい・かぶと・鯉のぼり・おもちゃ・駄菓子など使用頂けます。 10月1日 消費税率の10%引上げに伴い さまざまな事業が実施されています。当店では「人形のたいら」「おもちゃのたいら」ともに倉吉市プレミアム付商品券の取扱店として登録させて頂きました。 使用期間は 令和元年10月1日~令和2年3月8日 となっております。 <倉吉WEBページより> プレミアム付商品券事業とは、国の消費税率引上げに伴う対応策の一つとして、低所得者・子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えするため、国の財政支援に基づき全国の市区町村で実施されるものです。https://www.city.kurayoshi.lg.jp/gyousei/div/kikaku/shoukou/u112/ <内閣府WEBページより>・消費税率の10%への引上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、プレミアム付商品券事業を実施します。 ・全国の市区町村が、対象となる方々(住民税非課税の方、小さな乳幼児のいる子育て世帯)に対して、25%もお得に買い物ができる「プレミアム付商品券」を発行・販売します。※おひとりあたり最大2.5万円分の商品券を2万円で購入。※5千円分の商品券を4千円で、最大5回に分けて購入可能。・購入いただいた「プレミアム付商品券」は、税率引上げ後の6か月の間、地域の幅広い店舗で日常的なお買い物にご利用いただけます。 https://www.02premium.go.jp/ —————————————————-↓ここから ひな人形・五月人形・鯉のぼりのことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(年中無休) TEL:0858-22-2391 〒682-0862 鳥取県倉吉市西町2708 人形のたいらLINEお友だち追加ボタン お手持ちのスマホ・携帯で下記QRコードを読み取って頂いても、 お友だち登録が可能です。

もっと読む
ひな人形

ひな人形 お内裏様の並べ方 右?左?どっち?

お内裏様の並べ方 右?左?どっち? 何で「向かって右側に男雛、左側に女雛」のものと「向かって右側に女雛、左側に男雛」のものとあるのですか?カタログやお店で販売されるお雛様の多くは「向かって右側に女雛、左側に男雛」が並んでいますがどちらが正しいですか?というご質問をよく頂きます。 日本には古くから「左方上位(左側の方が位が高い)」という考え方があります。ひな人形は、平安時代の姿をしていますので、当時のマナーに従って「向かって右側に男雛」を飾ります。右大臣、左大臣も左大臣の方が格上になります。 では、なぜお人形屋さんからもらうカタログなどの写真は「向かって左側に男雛」が飾ってあるのでしょう?これは明治時代に入ってから西洋の文化やルール、マナーがさまざまな場面に取り入れられてきたからだと言われています。例えば、旧暦の暦でなく新暦や西暦を使うようになりました。着る物も和装から洋装へと変化していきました。「左方上位」のしきたりも西洋のマナーに準じて「右方上位」が取り入れらるようになりました。現在の皇室では、天皇は必ず「向かって左側」に立たれます。座られる場合も「向かって左側」です。 平安時代から続くお雛様の姿を当時のマナーに従って「左方上位」で飾る飾り方と国際的な西洋のマナーに準じた考え方に基づいた「右方上位」の飾り方と言うことになります。 どちらが正しくてどちらが間違いということではありませし。 「必ずこうしなければならない」という決まりがあるわけではありません。ぜひ、お子様やご家族の皆さまとこのようなお話しをしながら今年はどちらの飾り方で飾るか相談して桃の節句を楽しんでいただければと思います。 **************************************************************ひな人形・五月人形のことなら人形のたいらホームページ:https://taira.co.jp/営業時間:9:00~18:00(定休日:元旦のみ)TEL:0858-22-2391〒682-0862鳥取県倉吉市西町2708 人形のたいらLINEお友だち追加ボタン お手持ちのスマホ・携帯で下記QRコードを読み取って頂いても、 お友だち登録が可能です。

もっと読む
S__53043204
ひな人形

2019年のひな祭り、ひな人形を出す時期は?片付ける日はいつ?

2019年、平成最後のひな祭りは日曜日。ご家族みなさんでお祝いする絶好の機会ですね。 ところで、みなさんはおひな様、ひな人形をいつ出していらっしゃいますか?当店にも、毎年、お客様から「ひな人形はいつ飾るんですか?」「節分の頃に出すと聞いたんですが、本当ですか?」など、ひな人形を出す、飾る時期についてお問い合わせをいただきます。 暦の上では、2月3日の節分(豆まき)の翌日が立春、その日から春になりますので2月4日ごろから飾ります。 となると、逆にいつしまうの?いつ片付けるの?というご質問も当然多いわけですね。よく3月3日を過ぎて「おひなさんを出しっぱなしにしているとお嫁に行けなくなる」という言い伝えもあります。 この伝承には、実は理由がありまして「出したり片付けたりをきちんとできる女性になってほしい」というしつけの観点から根付いたもののようです。 では、ひな人形はいつ片付けるのか?ですが、ひな祭りは、上巳の節句または桃の節句と呼ばれる五節句のひとつです桃の節句といいながら3月3日の頃には寒くてまだ桃の花が咲きません旧暦のひな祭の頃になるとちょうど桃のお花が咲くようになりますのでその頃まで飾って楽しんで、天気のいい日を選んで湿気を一緒にしまわないように片付けるといいでしょう ちなみに平成最後、平成31年である2019年の旧暦のひな祭は4月7日ですので、4月7日頃の天気の良い日を選んで片付けるといいでしょう。 親子で旧暦の存在や、ひな祭りの歴史について話しながら来年もよろしくねと、お人形さんに声をかけてあげて大切にしまってあげるといいかもしれませんね。 ********************************************************************* ひな人形・五月人形のことなら人形のたいら営業時間:9:00~18:00(年中無休)TEL:0858-22-2391 〒682-0862鳥取県倉吉市西町2708 お友だち追加ボタン お手持ちのスマホ・携帯で下記QRコードを読み取って頂いても、お友だち登録が可能です。

もっと読む
LINE@人形のたいらB-265x300
ひな人形

LINE公式アカウントができました!人形のたいら

LINE@に人形のたいら公式アカウントができました。 「この前お店で見たこれまだありますか?」 とか 「部品がはずれちゃったので直してほしい」 とか 「ネットみつけたこんなのありますか?」 とか やりとりに写真があると便利な時ってありますよね そんなときこそ 人形のたいらLINE公式アカウント ひな人形・五月人形・鯉のぼり・盆提灯のことなら なんでもお気軽にご相談下さい!! ☆☆☆ 登録は簡単!! ☆☆☆ スマートホンのLINEからお友達検索で「人形のたいら」と入力頂くか お友だち追加ボタン お手持ちのスマホ・携帯で下記QRコードを読み取って頂いても、お友だち登録が可能です。 ひな人形・五月人形のことなら人形のたいら営業時間:9:00~18:00(年中無休)TEL:0858-22-2391〒682-0862鳥取県倉吉市西町2708

もっと読む